祖母の着物

d500054e7272f15d7e7673de9d826c43_m

また実家での話。

実家はこの春から兄家族が同居することになり、昨秋そのときに備えてのリフォームを終え、兄たちも先月終わりに引っ越しを済ませてました。
わたしの荷物も一部屋にまとめられ、売るもの使うもの捨てるものと片付けていました。
そんな実家でしたが、祖母の着物がたくさん桐タンスに入りっぱなしになっていたんです。
全部で17着+和装小物数点。
置いといてもしょうがないし、ということだったのでネットで調べて宅配買取をお願いしました。
着物用の細長いダンボールも届けてもらうようにし、荷造りして集荷に来てもらいました。
祖母は満足行かなくても面倒だから送り返してもらったりとかは考えてない、と査定金額の確認不要でそのまま口座に振り込んでもらうことにしてました。
わたしが家に戻り、何日か経ち母からいくらだったかの電話が来ました。

着物17着+和装小物数点。ダンボール2箱分です。

結果、200円。。。

!?

着物17着+和装小物数点。ダンボール2箱分  =  200円

祖母も何度も通帳を見た、と笑いながら言ってました。
祖母は全然気にしてない様子でしたが、わたしが祖母に申し訳なくなり、
査定内容を伺う電話を業者にしました。

一言で言うと、経年劣化がありそのまま再び売るということが難しいものが多く値段がつけられないものがほとんどだった、とのことでした。

その内容をそっくり祖母と母に伝えました。
やっぱりそんなとこだろうと思った〜ってまた笑ってました。

業者の電話応対は親切で査定内容も丁寧に教えてくれました。
悪い業者ではなかったと思うし、なにより当の本人が笑い飛ばしてるのでなんも問題はないのですが、わたしの中では他にやりようがあったんじゃないかなと、なんとも言えない気持ちになりました。

ブログ村パーツ 30代主婦
ブログ村パーツ やりくり
ブログ村パーツ 楽しい暮らしへ
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 明るく楽しい暮らしへ
スポンサーリンク
アドセンス広告
アドセンス広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする